AIプログラミング学習サービス「Aidemy」がバーチャルYouTuberを動画教材のトレーナーに起用

Aidemyのロゴ

先週の4月11日(水)に惜しまれつつも有料化したAidemy(アイデミー)ですが、バーチャルYouTuberを動画教材のトレーナーに起用するとのこと。こんな感じでサービスが成長していくとは思っていなかったので驚きました。狙い的には「講師の属人化と多言語展開の課題を解消」のようです。

ちなみに、Aidemy(アイデミー)はPythonの基礎からディープラーニングまで、PCの環境構築なしで学習を始められるAIに特化したオンラインのプログラミング学習サービスです。

リリース当初から話題ですね。

バーチャルYouTuber起用の背景

なぜAidemyがバーチャルYouTuberとオンライン学習なのか?ということに疑問がある方も多いはず。

背景としては、

  • バーチャルYouTuberを起用することで、動画教育サービスが抱える、講師の属人化と多言語展開の課題を解消したい
  • 代表取締役のTwitterで『AidemyでバーチャルYoutuberによるAIの講座を受けたい人はRT』という旨でツイートしたところ、ツイートから24時間以内に500RT以上を達成→ニースがあると判断

という感じらしいです。

500RTは話題になってるからRTしたという人もいると思うので考えないにしても、「講師の属人化と多言語展開の課題」という視点からスタートした企画のようです。

同じオンラインでコードを打ちながら学習を進めていく学習サービスのPyQやProagteもそうですが、Aidemyも基本静止画ベースの学習スタイルですからね。動画になればもっとわかりやすくなると思います。

こんなイメージらしい

AidemyとバーチャルYouTuber掛け合わせるとこうなるらしい。

下の画像は動画学習のイメージです↓

AidemyでバーチャルYouTuberが動画レッスン

なるほど、わかりやすそうな気がする。

バーチャルYouTuber起用のメリット

先程紹介した「講師の属人化と多言語展開の課題」の詳細についての説明です。

1. 同じ講師のコースを長期的に提供できる

従来の教育サービスでは、人気講師に生徒が集まる傾向があり、講師が退職した際に生徒も移籍するなど、生徒が定着しない、経営が安定しない課題がありました。バーチャルYouTuberを起用することで講師の属人化を防ぎ、長期的に安定した講義の配信が可能になります。

2. コースの多言語化が容易になる

Aidemyは英語版のリリースを予定しています。従来の日本人講師による動画授業は、英語圏の方には親和性が低く、さらに吹き替えが難しいという問題点がありました。バーチャルYouTuberを起用することで声優の吹き替えを変更するだけで、英語版の配信が可能になります。

オーディション概要

オーディションをするようです。

バーチャルYouTuberトレーナー オーディション概要

  • 4月16日より「Aidemy」バーチャルYouTuberトレーナーオーディションを開始
  • 採用されたバーチャルYouTuberには実際にAidemyの動画教材のトレーナーとして活躍していただく
  • 合わせて、バーチャルYouTuberの動画制作を支援いただけるデザインファームも募集

募集詳細

  • 募集期間:2018年4月16日(月)〜5月2日(水)
  • 結果発表:5月上旬を予定。弊社にて選考の上、追って連絡
  • 募集内容:「Aidemy」が開発中の動画教材のトレーナとなるバーチャルYouTuberや声優、並びに動画の制作を支援するデザインファームを募集
  • 募集要項/応募条件:企業・個人問わず応募可能

詳細はAidemy公式サイトをご確認ください。

下記ボタンからご確認ください。

おまけ:Aidemyにはプレミアムプランもある

あまり知られていない気がしますが、Aidemyには集中的な8週間のマンツーマン訓練で最先端のAIエンジニアを目指す学習コースもあります。無料カウンセリングもあり、こちらも好評のようです。あわせてご確認ください。

プログラミングは楽しい!人生だって変わるかも!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ABOUTこの記事をかいた人

ぽんぽこ

ぽんぽこです。数年前、会社に通いながらも頑張ってプログラミングスクールで学びました。私が利用したのはCodeCamp(コードキャンプ)です。なんとプログラミングを覚えたらころころと人生が変わっていって転職もできました。今でも毎日勉強の日々ですが、このサイトで少しでも役立つ情報を提供できたらと思っています。プログラミングって難しそうだな...と思ってもとりあえずやってみることが大事!▶自己紹介はこちら
話題のプログラミングスクールを厳選比較(真っ先に検討したいスクール)

2018年 最新版!話題のプログラミングスクールを厳選比較!