IT求人転職サイト特集!プログラマーやSEに強い!

IT求人転職サイト特集!プログラマーやSEに強い!

プログラマーやシステムエンジニアといったIT関連技術者は一般的に転職回数が多い傾向にあります。そのため他の職種とは少し違ったキャリア形成の考え方が必要です。

転職サイト転職エージェントは限りある時間を有効に活用でき、あなたの転職活動の大きな助けになるでしょう。これらのサイトはたくさんあるので、どれを利用したらよいか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。それぞれのサービスの特徴を押さえておくことが求められます。

今回は各転職サイトやエージェントのサービスの特徴や非公開求人などの案件数などを紹介するので、サイト選びの参考にしてみてください。

転職サイトや転職エージェントを利用する前に

エンジニアの求人事情をざっくりと説明

ポイントは3つです。

  • エンジニア、デザイナーに対する需要が高い状態が長く続く見通し。
  • この業界は技術進歩が早いため、将来を見据えたキャリア検討が必要。
  • 転職希望者の個々の状況に向き合い、キャリア形成を支援するサービスが重要となっている。

転職サイトや転職エージェントは良い仕事に出会える確率を上げるために使う

転職サイトや転職エージェントは良い仕事と出会える確率をアップさせてくれます。そうですよね、自分で色々な会社のホームページを調べて求人申し込みのお問い合わせをしていくのはあまり現実的ではありません。(行きたい企業が決まっているなら話は別です。)転職サイトや転職エージェントが持っている膨大な企業情報を利用して転職の確率をあげましょう。

サイトも大切だけど、それ以上に担当者が重要!

サイトも大事です。それぞれサービスに特色があります。しかし、それ以上に重要なことがあります。それは「担当者」です。これが結構アタリ・ハズレがあるんです。

どういうことかというと、IT業界に詳しい熟練の担当者なら全く問題ありません。ですが、場合によってはIT素人が担当者になってしまう場合があります。どんなに良いサイトであっても、担当者が素人だと99%転職はうまくいきません。

そのため、そのような場合は担当者を変えてもらうか、利用するサイトを変えてください。転職サイトや転職エージェントのサイトの中には「合わない担当者は変更できます」としっかり記載してあるところもあります。それくらい担当者は転職のキーになります。

1つのサイトに絞る?複数サイトに登録?

一発で最高の担当者に出会えることは稀だと思います。そういう意味で複数の転職サイト/エージェントに登録することをオススメします。もちろん複数したほうが企業情報も得やすいので情報収集力が上がります。(中には紹介がかぶる企業も出てきますが、担当者の味方は違ったりするので多角的に企業選定ができると思います。)

たくさん登録するとメールとかうるさくない?

そう思ってる人は多いのかも。登録した分だけ届くメールは増えます。ただ、今はメールのフィルタリング機能も発達しているので、自動で整理する設定をすればそんなにメールがうるさいと思うことは無いと思います。例えば無料のGmailでも設定は1分もあれば完了するでしょう。

また、メールは無視してもOKです。自動的に送られてくるメールがほとんどなのであなたが気を使って返信する必要はありません。知り合いが転職サイトでエージェントをしているので聞いてみたところ、ほとんどのメールは無視されるので、律儀に返信してこなくても全く気にしない、と言っていました。時間は貴重です。だから、あなたにとって本当に価値のあるメールだけ目を通して返信すれば良いです。

オススメはまずは2〜3サイト登録してみる

上記のような理由で、良い転職先に出会える確率を上げるために、転職サイトや転職エージェントは複数サイトを登録することをオススメします。まずは2〜3サイトで良いのではないでしょうか。(いきなり10社とか登録するとパンクするかも。汗)

言うまでもありませんが、1つ目で最高の担当者に付いてもらえたらそのサイトだけで良いです。^^; まあ、そのような場合は少ないはずなので、複数並行して走らせておくのが転職活動の戦略としては良いのかなと思います。

また、ほとんどの場合は書類が使いまわせます。書類というのは履歴書や職務経歴書のことです。そのような書類をまだ作成してない方は、1サイト目の時に作成するためにちょっと作業が必要になりますが、1回書いてしまえばあとはラクになるのでぜひ頑張って書類を作成してみてください。テンプレートもほとんどのサイトに用意してあります。どのように書いたら良いかわからない人は転職サイトに聞いてみてください。というか、聞くべきです。企業ウケする書き方を指南してれます。

ぽんぽこのアイコン画像

ぽんぽこ

繰り返しになりますが、転職支援サイトでは「担当者」はかなり重要です!このことはよく覚えていてください!

プログラマーやSEに強いIT求人転職サイト特集!

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアでは4000社以上の実績があり、大手から外資系、ベンチャーまで一人一人に合った紹介が受けられます。エンジニアとクリエイターに特化しており、丁寧なアドバイスが得られます。

全体的な案件の傾向として、未経験者やブランクのある人を対象にしたものは多くない印象がありますが、IT業界での経験のある人、スキルアップしたい人には最適なサービスでしょう。

レバテックキャリアの公式サイト

ワークポート

ワークポート

ワークポートはIT業界に強みを持ったサービスであり、公開非公開を含め全体で15000件以上の求人を扱っています。転職コンシェルジュによるきめ細かなサポートや独自のオンラインツールの活用も特徴的です。

また、第二新卒などの経験の浅い人へのサポートでも数多くの実績があり、未経験の業界に飛び込みたいという人も利用できます。

もちろんワークポートグループの転職支援サービスは完全無料です。60秒で登録完了します。転職の超プロ集団にサポートしてもれるのは心強いですね。

転職エージェント・ワークポート

Geekly(ギークリー)

Geekly(ギークリー)

ギークリーはIT、ゲーム業界などに特化した転職エージェントです。未経験者でも挑戦できるポテンシャル採用の案件から年収700万以上のエグゼクティブ求人までをそろえており、独占・非公開の求人も多く扱っています。

履歴書などのレジュメサンプルにはブランクのある人や転職回数の多い人など訳ありの求職者向けの例も掲載しており、幅広いニーズに対応していると言えるでしょう。

Geekly(ギークリー)の公式サイト

Wantedly

Wantedly

こちらは従来の転職サイトとはちょっと違うサービスです。Wantedlyは新卒や学生バイトから中途採用までを対象とした求人を扱っており、主にベンチャー企業のエンジニア職が多いです。

サービスの特徴は企業とのコミュニケーションが取りやすいことであり、プロフィール情報やチャットなどでカジュアルなやり取りができます。応募のハードルが低く、募集要項のスキル欄が詳細で分かりやすいのも特徴的です。

Wantedlyの公式サイト

Find Job(ファインドジョブ)

Find Job(ファインドジョブ)

Find JobはIT/Web業界の優良企業の求人を数多く扱っています。サービスを開始した1997年から現在までで求人を掲載した企業数は40000社以上であり、豊富な実績が売りです。

サイト上では職種だけでなく、言語などのスキルから簡単にオススメの案件を検索できます。スカウトメール機能も充実しており効率のいい転職活動ができるでしょう。

Find Job(ファインドジョブ)の公式サイト

Tech Stars(テクスタ)

Tech Stars(テクスタ)

Tech StarsはITエンジニアに的をしぼったダイレクトリクルーティングというマッチングサービスを提供しています。登録すれば元々の希望条件以上のオファーが届くこともあり、豊富な選択肢が得られますよ。

サイト自体が直感的で使いやすいデザインになっているのも特徴です。新たな開発言語への挑戦やスキルアップにも最適となっています。

また、プロのキャリアアドバイザーが全力サポートしてくれる【Tech Stars Agent】もオススメです。

Tech Stars(テクスタ)の公式サイト

パソナテック

パソナテック

パソナテックでは転職や派遣を検討しているITエンジニアに向けて常時2000件以上の求人を用意しています。

キャリアカウンセラーによるキャリアマップや資格取得などのスキルアップ支援の体制も充実しており、幅広いサポートが受けられますよ。

キャリアを伸ばしたい人だけでなくゼロからキャリアを作りたい人にもオススメのサービスです。

パソナテックの公式サイト

ポテパンキャリア

ポテパンキャリア

ポテパンキャリアではIT業界全般や様々な技術領域に精通したエージェントから完全無料でサポートが受けられます。100%エンジニア職の求人を扱っており、東京近郊だけでなく大阪方面の案件もあります。

これまでに数千人の相談実績があるのであなたに合った求人がきっと見つかるはずです。初めての転職でも心配はありませんよ。

ポテパンキャリアの公式サイト

Green(グリーン)

Green(グリーン)

Greenは主に社会人経験のある人を対象に5000件以上の求人を取り扱っています。全体の求人の6割ほどはエンジニアなどのWeb/IT関連の職種となっていますが、営業系の求人もあります。

成長著しいベンチャー、スタートアップ企業を多く扱っており、未経験から挑戦できる求人もあります。社員数や設立年数など詳細な検索でお目当ての企業が見つかりますよ。

Green(グリーン)の公式サイト

一般転職サイトもチェック

以下はIT特化型というわけではありませんが、転職業界で利用者も多く人気のある転職サイト/エージェントです。ITの分野に絞って活用してみるのもおすすめです。

大手というだけあってとても情報が多いです。このようなオールジャンルの転職サイトでも、ITに精通したすばらしい担当者もいるため見逃せません。チェックしてみてください。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートによる転職サイトであり、ITエンジニアに限らず様々な職種、業界において高い知名度を誇っています。

全体としては、さらなるキャリアアップを望む経験者はもちろん、未経験の業界に飛び込みたい人や第二新卒者、さらにはブランクのある人まで対象とした求人が多いです。地方の求人もあり、IT系の職種を探してみるのもいいでしょう。

リクナビNEXTの公式サイト

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)

DODAでは公開非公開を合わせて10万件以上の求人を取り扱っており、地方の支店でもサービスが受けられるのが特徴です。

エージェントサービスにより非公開求人の情報を得られたり、応募書類や面接対策、キャリア全般のカウンセリングまで受けられます。熱心にサポートしてくれる担当がつくと転職活動にも心強いでしょう。

まずはエージェントにあなたの現状を相談してみるのと色々と早いです。

DODA(デューダ)の公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。

よく新卒学生の就職活動でも一人でやってはいけないという意見を聞きますが、転職活動ではなおさらですね。現職に就きながらの活動で精神的につらいことも少なくないでしょう。

今回紹介したような転職支援サービスを利用することで心身の負担を減らし、あなたの転職活動が有意義に進められたら幸いです。


ぽんぽこのアイコン画像

ぽんぽこ

それでは、転職活動頑張っていきましょう!!
プログラミングは楽しい!人生だって変わるかも!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ABOUTこの記事をかいた人

ぽんぽこ

ぽんぽこです。数年前、会社に通いながらも頑張ってプログラミングスクールで学びました。私が利用したのはCodeCamp(コードキャンプ)です。なんとプログラミングを覚えたらころころと人生が変わっていって転職もできました。今でも毎日勉強の日々ですが、このサイトで少しでも役立つ情報を提供できたらと思っています。プログラミングって難しそうだな...と思ってもとりあえずやってみることが大事!▶自己紹介はこちら
話題のプログラミングスクールを厳選比較(真っ先に検討したいスクール)

2018年 最新版!話題のプログラミングスクールを厳選比較!