FLOCブロックチェーン大学校のWEB体験コースを受講した感想

FLOCブロックチェーン大学校WEB体験コースを受講してみました。今回はその感想を記事にしました。

昨年のコインチェックの仮想通貨580億円分の巨額流出事件があって、若干世間は熱が下がっているのかなという気もします。(下がってるのはブロックチェーン熱というよりかは仮想通貨熱の方ですよね。)

ブロックチェーンの技術自体は素晴らしいものですよね。ここは間違えないようにしたいです。

私はブロックチェーン初心者ですが、エンジニアとしていつか勉強したいと思っていたこともあり、そろそろはじめてみることに。

最近1週間くらいプライベートでFLOCブロックチェーン大学校の名前を聞くことが多かったので、試しに体験コースを受けてみることにしました。まずは簡単にブロックチェーンの概要から学べればと・・・

FLOCブロックチェーン大学校の体験コースは無料と有料の2種類ある

FLOCブロックチェーン大学校

FLOCブロックチェーン大学校の体験コースは、直接会場に行って受講する場合は無料、Webから動画を視聴する場合は有料です。有料といっても1080円でした。

今回、私はオンラインのWEB受講を選びました。

実際に受けてみた感想としては、「受講後に対面で講師に質問したい!」などの目的がなければWeb受講のほうがお手軽かも・・・と感じました。

有料にはなりますが、会場に行く移動費や時間を考慮したら、Web視聴でもいいかも、と。

体験コース参加者に受講特典もあった

受講特典もありました。この特典は無料(現地)、有料(Web)どちらでも対象になるようです。

時期によって変更になる可能性がありますが、私の時は、受講するコースの数によって割引金額が大きくなるというものでした。WEB受講+教室の料金が安くなります。最大で20万円安くなりました。

FLOCブロックチェーン大学校のWEB体験コースで学べること

FLOCのサイトにも書いてあるように3部構成で進みます。

  • ブロックチェーンの仕組み
  • ブロックチェーンで変わる未来
  • ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法
FLOCブロックチェーン大学校の無料体験コースで学べること

03の「ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法」はFLOCのコースの紹介がメインです。

私は有料のFLOC WEB体験コースを受講

休日は休みたいなあと。笑

というわけで平日の夜にWEB体験コースを申し込んでそのまま受講しました。動画なので申し込みから7日間は視聴できます。

FLOCのサイトにも「遠方やご都合が悪い方は」と記載がありますね。

なかなか会場に行けない方も多いのではないでしょうか。動画ならサクッと視聴できますね。

FLOCブロックチェーン大学校のWEB体験コース(有料)

FLOC WEB体験コースの申し込みの流れ

申し込み、支払いはさくっと終わりました。支払い後はすぐに動画を視聴することができました。

申し込みから受講までの流れを紹介します。

FLOCの公式ページから「申し込む」のボタンを押すと料金が表示されます。1000円プラス消費税で1080円でした。

FLOCブロックチェーン大学校の体験コース申し込み画面

下の方にスクロールすると「申込者情報の入力」画面があります。

ここに自分の情報を入力します。

FLOCブロックチェーン大学校の申込者情報の入力

入力したら次の画面へ。

私が受講した時はクレジットカード払いのみのようでした。

Visa、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、デビットカード等、ほぼすべてのカードが利用可能と記載がありました。

FLOCブロックチェーン大学校 クレジットカード入力画面

これで申し込み完了です。下記の画面が表示されます。

FLOCブロックチェーン大学校 申し込み完了画面

画面の下の方に、ログインIDとパスワードも表示されます。パスワードはランダムは文字列が用意されていました。

WEB体験コースのURLも記載されているので、上記のログインIDとパスワードでログインします。

申込み内容はメールでも届きます。

また、メールにはPDFの領収書も添付されていました。

FLOCのWEB体験コースのログイン画面に入る

WEB体験コースのページにログインすると下記の画面が表示されます。

FLOCブロックチェーン大学校の母体はファイナンシャルアカデミーのため、サイトにはファイナンシャルアカデミーと大きく表示されています。

ちょっと画面がややこしいですね。。。

ファイナンシャルアカデミーのサイト内にこのWEB体験コースの動画が設置されています。

キャプチャの中央にある再生ボタンから動画を再生します。動画は約90分です。

再生期間は7日間なので注意が必要です。申し込んだらその勢いでさくっと視聴するのが正解だと思います。

くれぐれも視聴完了せずに期間終了・・・という事態にならぬようお気をつけください。^^;

FLOCブロックチェーン大学校の動画

ちなみに、再生速度は2.0倍まで速くすることができます。2倍で視聴すれば45分程度に短縮できます。

気になったところだけ重点的に視聴するのもありでしょう。

FLOCブロックチェーン大学校の倍速再生

FLOC WEB体験コースを視聴した感想

ここからはFLOCのWEB体験コースの中身についての感想です。

FLOCブロックチェーン大学校の受講風景

私が受講したときは、FLOC認定講師の森口亮さんが説明してくれる動画でした。セミナールームでの説明会の録画になります。

セミナーの録画って画質・音声のクオリティが良くなかったりするのですが、今回のFLOCの動画はとてもクリアでした。

FLOCの母体のファイナンシャルアカデミーでもセミナーをばんばんやっていて録画していると思うので、もしかしたらそのチームが収録しているのかも、と思ったり。(動画の最後の方でプロが撮影しているとの説明がありました。)

WEB体験コースはこんな人向け

FLOC体験コースは「未来をつかむきっかけ」になることが目的になっているようでした。最初に説明があります。

具体的はこんな人向けのようです。

  • 最新のテクノロジーを学びたい
  • 仮想通貨の仕組みを知りたい
  • 誰よりもブロックチェーンの技術を身につけておきたい
  • 最新のテクノロジーで未来を創る人になりたい

この90分の体験コースのゴールは、

  • 「ブロックチェーン」という大きな波に乗るための道すじをイメージできること

です。

なんとなくのイメージも持てていない私にとってはちょうど良かったです。

WEB体験コースの流れ

まずはFLOCについての説明からからはじまります。校長のジョナサンアンダーウッドさんについての紹介も。最初はすごい小さい規模で始まったんですね。(知らなかった。)

その後は本題に入ります。大きくは3つです。

  • ブロックチェーンの仕組み
  • ブロクチェーンがあると未来がどう変わるか
  • FLOCスクールの特徴

あとは体験コースの参加者特典の説明が最後にあります。割引などについてですね。参加者特典は私のようにWEB体験コースでも適用されます。

最初はブロックチェーンとビットコイン(仮想通貨・暗号通貨)違いからスタートします。かなり易しめなところからはじまります。

こういうセミナー系のクオリティって先生の話し方でめちゃくちゃわかりやすさに差が出ると思います。

FLOCのこの先生の話し方はわかりやすかったです。

FLOC体験コースで登場するキーワード

座学っぽい感じで解説されるキーワードは以下のようなものでした。(あなたは説明できますか?^^;)

  • ブロックチェーン
  • 暗号通貨
  • 仮想通貨
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • 取引データ
  • ユーザー
  • ノード
  • トランザクション
  • ハッシュ関数
  • マイニング
  • マイナー
  • 第4次産業革命
  • 中央集権型
  • 分散管理型
  • マイクロペイメント
  • 不動産登記システム
  • DAO(分散型自立組織)

最後の方のスクールの説明では上記以外にも色々なキーワードが出てきます。

FLOCブロックチェーン大学校のWEB体験コースよかったところ

簡単な解説から入るので、誰でも参加できると思います。

  • ブロックチェーンそのもののイメージがもてる(イラストでわかりやすく説明してくれました)
  • ブロックチェーンの仕組みがなんとなくわかる
  • ブロックチェーンある未来がやんわりイメージできる

あとはやはり、

  • 時間節約でさくっと視聴できる

というところですね。

その他

その他、思ったことです。

  • かなり初歩的なところから話がはじまるので、すでにネットや書籍で情報収集している人には物足りないかもしれない
  • プログラミング的な解説はないので注意(実際のコースに入ってからですね)

実際のコースの具体的な中身については、あまり触れられません。

カリキュラムがスクリーンに表示されて、ポイントとなる部分についてさらっと解説される程度です。

このあたりもっと突っ込んで聞きたい人は会場に行って直接質問してみるといいかもしれません。(聞きたい人も多いはず。。。)

FLOCでどのコースを選んだらいいかわからない人は?

この体験コースは、最後の方にレベルチェックの問題が用意されています。(といっても当てられたりとかはないみたい。)

ベーシックコースのレベルチェックという内容です。

6問あって、これが難しく感じるのであればベーシックコースからの方がいいとのこと。

さくっと答えられる人はベーシックコースよりも上のコースが適しています。

FLOCブロックチェーン大学校のコースは大きく3つ用意されています。

  • ベーシックコース
  • エンジニアコース
  • ビジネスコース

に分かれます。

先程のレベルチェックに答えられる人は、エンジニアコースや、ビジネスコースということですね。

ちなみに、エンジニアコースは、

  • ブロックチェーン実践科
  • スマートコントラクト開発科

の2つが用意されています。

おわりに

今回はFLOCブロックチェーン大学校のWEB体験コースを簡単に紹介しました。

私はてっとり早く受けたかったためWEB受講を選びました。

申し込みから動画視聴までイメージしてもらえたら幸いです。

まずは体験コースで確認を

体験コースは、実際に会場で受けると「無料」、ネット動画だと1000円(+税)でした。

FLOCの本コースの受講料は安いものではないため、まずは体験コースで内容を確認してみるのが正解かも。

  • FLOCブロックチェーン大学校は自分の求めるものなのか?

あなた自身の目で確認してみてください。

まあ、FLOCは受講開始から30日以内なら受講料返金制度もありますので、安心感はありますね。テキストに書き込んでも返金OKらしいです。(今回の動画の中で説明がありました。)

FLOCブロックチェーン大学校の詳細はこちら

ブロックチェーンを正しく理解している人材は少ないので、そういう意味でもチャンスがある分野だと思います。キャリア支援もありますし。

ブロックチェーンの「エンジニア人材」、「ビジネス人材」、あなたはどちらを目指しますか?

ブロックチェーンコースの詳細(と最新情報)はFLOCブロックチェーン大学校のサイトをご確認ください。

今回の体験コースのダイジェスト動画も視聴できるので、気になる方はチェックしてみてください。

プログラミングは楽しい!人生だって変わるかも!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ABOUTこの記事をかいた人

ぽんぽこ

ぽんぽこです。数年前、会社に通いながらも頑張ってプログラミングスクールで学びました。私が利用したのはCodeCamp(コードキャンプ)です。なんとプログラミングを覚えたらころころと人生が変わっていって転職もできました。今でも毎日勉強の日々ですが、このサイトで少しでも役立つ情報を提供できたらと思っています。プログラミングって難しそうだな...と思ってもとりあえずやってみることが大事!▶自己紹介はこちら
話題のプログラミングスクールを厳選比較(真っ先に検討したいスクール)

2018年 最新版!話題のプログラミングスクールを厳選比較!