Appleが子供向けにプログラミング学習のイベントを開催【アップルキャンプ】

子供向けプログラミング学習のイベント

アップルがこの夏、子供向けにコーディングの基礎を教えるセッションを開催します。3日間のセッションで、対象年齢は8から12歳。セッションの内容は、Tynkerを使用してコーディングを教え、Spheroロボットをプログラムすることです。セッションは少人数で行われ、およそ12人で行われる予定です。

アップルは「アップルキャンプ」を数年開催してきましたが、このセッションを開催するのは初めてです。

アップルキャンプは、子供たちにアップルの技術とソフトウェアを紹介するために2003年に始まり、世界中のアップルストアで開催されています。

コースは無料で、先着順で参加することができます。アップルは60,000人の子供が今年のアップルキャンプに参加すると見込んでいます。

アップルキャンプの開催都市は?

しかし、iBookとiMovieセッションはすべてのアップルストアで参加できるのですが、コーディングクラスは、アメリカ、イギリス、カナダ、中国のみで開催されます。

残念ながら日本のアップルストアではコーディングクラスは開催されませんが、お絵かきをして自分の物語を作れるiBookや映画を作ることができるiMovieのセッションに参加してみるのもいいかもしれませんね。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
Apple launches coding camps for kids in its retail stores

プログラミングは楽しい!人生だって変わるかも!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ABOUTこの記事をかいた人

ぽんぽこ

ぽんぽこです。数年前、会社に通いながらも頑張ってプログラミングスクールで学びました。私が利用したのはCodeCamp(コードキャンプ)です。なんとプログラミングを覚えたらころころと人生が変わっていって転職もできました。今でも毎日勉強の日々ですが、このサイトで少しでも役立つ情報を提供できたらと思っています。プログラミングって難しそうだな...と思ってもとりあえずやってみることが大事!▶自己紹介はこちら
話題のプログラミングスクールを厳選比較(真っ先に検討したいスクール)

2018年 最新版!話題のプログラミングスクールを厳選比較!