Appleが発表した「Swift Playgrounds」は子供向けプログラミング教育に大きなインパクトになるかもしれない

iPadの子供向けコーディングアプリ「Swift Playgrounds」

AppleがWWDC2016のキーノートでiPadの子供向けコーディングアプリ「Swift Playgrounds」を発表しました。パズル感覚でプログラミングを学べます。これって何気にとんでもないことのような気がします。

もちろんその判断はアプリのクオリティに左右されますが、Appleが自身で開発したプログラミング言語「Swift」についての学習アプリですので、それなりに高クオリティなものが予想されます。

「Swift Playgrounds」の詳細については、他サイトでたくさんの記事がアップされていますのでそちらをご覧ください。

Apple、iPadで子供たちにコードを教えるSwift Playgroundsをローンチ

「WYSIWYC」時代の必需品。AppleがiPadの子供向けコーディングアプリ「Swift Playgrounds」を発表

swift-playgrounds1

「Swift Playgrounds」は無料

これがすごいですよね。無料で使えます。今ではiPadも普及しており、かなりの人が所有しています。お子さんが気軽にプログラミングに触れ合えるようになります。ぽんぽこはすごく羨ましいです。

日本でも2020年から小学校でプログラミングが必修化されようとしています。お子さんが抵抗なくプログラミング教育に入っていけるように、下準備としてiPadを与えて「Swift Playgrounds」で遊ばせておくのもよいですね。

子供のころから自然にプログラミングに触れられる環境がほんと羨ましいです。すごい時代になっちゃいました。私はプログラミングを習得して人生がかなり良い方向に動きました。(ぽんぽこの自己紹介はこちら。)プログラミングの可能性ってほんとに素晴らしいです。

津田大介さんも関心を持たれてました。

AppleのiPadの子供向けコーディングアプリ「Swift Playgrounds」、すごく楽しみです!!

swift-playgrounds3

詳細はAppleの公式ページ[英語]からどうぞ。
Swift Playgrounds – Preview – Apple

プログラミングは楽しい!人生だって変わるかも!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ABOUTこの記事をかいた人

ぽんぽこ

ぽんぽこです。数年前、会社に通いながらも頑張ってプログラミングスクールで学びました。私が利用したのはCodeCamp(コードキャンプ)です。なんとプログラミングを覚えたらころころと人生が変わっていって転職もできました。今でも毎日勉強の日々ですが、このサイトで少しでも役立つ情報を提供できたらと思っています。プログラミングって難しそうだな...と思ってもとりあえずやってみることが大事!▶自己紹介はこちら
話題のプログラミングスクールを厳選比較(真っ先に検討したいスクール)

2018年 最新版!話題のプログラミングスクールを厳選比較!