IoT初心者に。JavaScriptで動かせる電子工作ボードobniz(オブナイズ)が販売開始

obniz(オブナイズ)
ぽんぽこ
IoT初心者のとっかかりに良いですね。ディスプレイも付いていますし。人気のラズパイは別売りなんですよねぇ。

obniz(オブナイズ)が面白そうなので紹介。さくっと電子工作で遊べますね。Webからプログラムを書けるのもお手軽。

JavaScriptで動かせる電子工作ボードobniz(オブナイズ)が販売開始とのことです。4980円の小型ボードです。

Amazonなどで購入できます。現在1位になってました。

obniz(オブナイズ)とは?

obniz(オブナイズ)

簡単に言うと、ウェブ上からjavascriptでプログラミングできる小型ボードです。

obnizは固有のidを持っているため、Wifiを使ってインターネットにつなげれば、好きな言語で書いたプログラムから同時に何台でもobnizを操作できます。

特にjsでHTMLやnodejsから動かせばUIや他のウェブサービスとも簡単に連携できます。

また、多くのモーターやセンサーを繋げば簡単に動作させることが出来ます。

obniz(オブナイズ)の動画

これを見ると理解が早いと思います。

obnizの特徴まとめ

ソフトウェアの特徴

  • 固有のidさえわかればクラウド上のAPIを叩くことでobnizを操作できる
  • javascript用sdkを使うことでHTML/nodejsからobnizを簡単に操作
  • 他のサービスやHTML上のUIと簡単に連携できる
  • sdkに含まれる標準装備のパーツライブラリ
  • 表示されるQRをスキャンするだけで開くプログラム画面

ハードウェアとしての特徴

  • 12ある全てのIOで最大1Aまで流せることで、モーターもそのまま接続
  • 5V/3Vまた、プルアップダウンもプログラムからIOごとに設定可能
  • UART/SPI/I2CなどはすべてのIOにアサイン可能
  • A/DはすべてのIOにあり、他の機能と同時に利用可能
  • 各IOは過電流やオーバーヒートで自動停止

おわりに

今回はobniz(オブナイズ)を紹介しました。Raspberry Pi(ラズベリーパイ)やArduino(アルデュイーノ)も人気でうsが、こういうのWebよりのボードも面白いですね。

128×64OLEDディスプレイも付いているため、ちょっとした表示もobniz単体で可能です。お手頃な価格も手が出しやすい。

電子工作はじめての人は、部品などの細々したパーツを持っていないと思うので、色々な部品がセットになったものも購入すると作業がスムーズかと思います。一個一個購入していくのも面白いんですけどね。

その都度パーツをネットで注文したり、買いに行ったりすると時間がロスして、熱意も薄れてしまうかもしれないので、最初はボード本体とパーツセットをゲットした状態からスタートするのが良い気がします。ブレッドボードはあったほうがラクです。

それではー。

プログラミングは楽しい!人生だって変わるかも!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ABOUTこの記事をかいた人

ぽんぽこ

ぽんぽこです。数年前、会社に通いながらも頑張ってプログラミングスクールで学びました。私が利用したのはCodeCamp(コードキャンプ)です。なんとプログラミングを覚えたらころころと人生が変わっていって転職もできました。今でも毎日勉強の日々ですが、このサイトで少しでも役立つ情報を提供できたらと思っています。プログラミングって難しそうだな...と思ってもとりあえずやってみることが大事!▶自己紹介はこちら
話題のプログラミングスクールを厳選比較(真っ先に検討したいスクール)

2018年 最新版!話題のプログラミングスクールを厳選比較!